あなたの人生を不幸にする11の悪い習慣

Home/あなたの人生を不幸にする11の悪い習慣

あなたの人生を不幸にする11の悪い習慣

あなたの人生を不幸にする11の悪い習慣

誰しも悪い習慣から抜け出すのは難しいものです。ジャンクフード、煙草、遅刻魔、常に携帯を見ているなど、やめた方がいいとわかっている悪習はたくさんあります。

悪い習慣には、健康、評判、金銭などの対価があります。しかし、中でもたちの悪い習慣がいくつかあります。

今回は、続けていると不幸になる11の悪習をお教えしましょう。こんな習慣のせいで、貧乏で不幸な人生になっていませんか?

1. 責任を放棄する
責任や説明責任を放棄する癖があると、特により大きなことを達成するために、小さなことを無視したり放置したりする言い訳にしてしまいます。するといっそう負担は増え、幸福を奪います。時間が経つと、責任を放棄したせいでひどい損害を引き起こし、幸福になる好機を無視したためにとても後悔することになります。幸せになる最大のチャンスをきちんと活かしてください。

2. 不平不満を言う
人生や仕事で成功するのは難しいこともありますが、常に不平不満を言っているとさらに難しくなり、周りの人もうんざりします。あら探しをしたり、うまくいかなかったことや理不尽なことにばかり注目したりしていると、自分自身を傷つけることになります。それよりも前向きに受け止めて、良いものに変えられることから変えていきましょう。

3. 自己不信
多くの人にとって、素晴らしい人生を送るのに自己不信は大きな障害となり、成功をさらに遠ざけることになります。自己不信はチャンスを奪い、責任を果たさないようにさせる、厄介で説得力のある(自分の頭の中の)声です。「自分はまだまだだ」と言う自分の声で、そんなことを自分で言っていることにすら気付かないこともよくあります。自分の頭の中の声に耳を傾け、ポジティブなことを言うようにしましょう。

4. 周りを責める
他人を責めるのは、自分を向上させたり努力をしたりする時間とエネルギーを奪います。自分の悩みを周りのせいにしたり世間を責めたりして過ごすこともできますが、そんなことをしていたら、自分が選んだ指導権や自分の人生を築く責任を否定することになります。他人を責めることをやめると、自分の持つパワーとつながり始めます。

5. 制御しようとする
特に物事が制御されていない状態だと、制御しようとする癖があるかもしれません。でも、大抵の場合それは無駄です。自分以外のものを変える力はほとんどありません。自分の態度や反応は自分で制御ができます。それ以外のことを制御しようとするのはやめて、自然のままに任せれば、もっと幸せになれます。

6. 他人を批判する
他人を批判する時間があったら、自分を向上させることに使いましょう。絶え間なく他人を批判している人は大体自分の人生や生活に何か不満があり、自分の気分を良くするために他人を批判しているのです。この言葉に耳が痛いと感じるのであれば、批判するのはやめて自分や他人を理解することに幸せを見出した方がはるかに良いと覚えておいてください。

7. 人に指示を出す
人に指示を出すことに忙しい人は、立ち止まってその人たちの面倒を見たり責任を取ったりしないことがよくあります。本当に幸せになりたいのであれば、まず自分の責任を取ることから始めましょう。人に指示を出すのではなく、自分の責任を明らかにしたり、協力し合ったりするようになると、尊敬と信頼を得られます。

8. 何でも否定する
ある程度の拒否や否定は健全であり、高いレベルを維持するためには必要なこともあります。しかし、何でもかんでも拒否したり否定したりする癖がある人は、おそらく恐れやネガティブな癖のせいかもしれません。実際にチャンスを与える前にアイデアや考え方や機会を否定すると、新しい物事を経験したり新しいアイデアから恩恵を受けたりできなくなります。大事な物は守りつつ、人を信用したり新しいものを取り入れたりしましょう。

9. 人を操る
プレッシャーがのしかかるような状況下では特に、他人をうまく操ることが仕事を終わらせる唯一の方法に思えることがあるかもしれません。しかし、人を操っていると大事な一線を越えて、その人だけでなく自分の幸せも危険にさらすことになります。そうではなく、自分のやりたいことを率直に伝え、相手が自らの自由意志で一緒に仕事をしてくれるように説得しましょう。

10. 誤魔化す
誤魔化すというのは、嘘も方便と自分を納得させるような場合です。ある種の嘘は誰も傷つけないと言って、正当化することもできます。しかし、自分の身を守るためにしろ、アイデアを進めるためにしろ、誰かを見逃すためにしろ、そのような嘘や誤魔化しをしていると自分の信頼を損ない、幸せにはなれません。

11. 自己中心的
自己中心的な人は、「あなたは私に何をしてくれたのか」というような考え方をしています。自分のことだけを考えていると世界は自分中心に回っているように感じるかもしれませんが、人が周りにいなくなると幸福につながる人とのつながりを失い、虚しくなる恐れがあります。

以上のような悪い癖があると思うのであれば、今日からやめる方法を学びましょう。悪い習慣のせいで、不幸にならないようにしてください。

Top