シリコンは髪に艶を与え、指通りや、手触りを良くするメリットがあります。

Home/シリコンは髪に艶を与え、指通りや、手触りを良くするメリットがあります。

シリコンは髪に艶を与え、指通りや、手触りを良くするメリットがあります。

シリコンは髪に艶を与え、指通りや、手触りを良くするメリットがあります。

デメリットは、肌や髪に吸着しやすいので、すすぎが足りないと、毛穴にシリコンが詰まって、痒み、抜け毛などの原因を引き起こしたり、髪を強力にコートするため、トリートメントなどをいくら使っても、髪に栄養が入りにくくなり、結果的に髪は傷んだまま強力にコーティングされる事になります。
ダメージヘアがいつまでも改善されないのは大量のシリコンが、原因の一つになります。
ノンシリコンシャンプーの長所は、シリコンの髪への余計な負担が髪がかからないので、髪の健康を考える人用です。
デメリットは、使い始めは、髪がきしんだり、髪の艶が減り、指通りが引っ掛かるようになります、髪が完全に慣れるまできしみに悩まされると思います。

ノンシリコンシャンプーは、ホホバオイルやコラーゲン、植物性エキスなどで、コンディショニング効果を出すものと、シリコンの代わりに、シリコンと同様の働きをする、~コポリマーが使われる物があります。
~コポリマーも、シリコン同様、髪を強力にコートする役目があります。

シリコンはあまり大量に使ってない物が良いです。 ジメチコン、が使われてる上、アモジメコン、シクロメチコンなどが成分表記に表示され、挙げ句の果てに、~コポリマーが使われてる物は、確実に髪の栄養や呼吸を妨害し、使い続けていくうちに、髪が痩せて細くなったり、大量のシリコンが蓄積される事で、かえって手触りなどを悪くする事にもなります。

シリコンシャンプーは、使い始めがやたら良い特徴があります。
ノンシリコンは、使い始めが悪く感じられる方が多いです。
無添加やアミノ酸シャンプーには、シリコンの代わりに、シリコンと同様の働きをするコーティング剤が使われ、全くのコーティング不使用を探すのは大変です。

無添加や、アミノ酸に使われる、シリコン同様の成分は、

シリコン、アミノ変性シリコン、ジメチルポリシロキサン、ポリマー グァーヒドロシキ プロピルトリモ二ウム ポリクオタニウム-7ポリクオタ二ウム-10 クロリド、界面活性剤クオタニウム-33
セトリモニウムクロリド になります。

Top