認知症に効果が期待できるアロマオイル

Home/Aroma List/認知症に効果が期待できるアロマオイル

昼用として使用するアロマオイル

Rosemary

清涼感があるフレッシュな香り♪

:気持ちをリフレッシュして、集中力や記憶力のアップに。

:呼吸器系の不調や、筋肉疲労、リマウチ、冷え性などに。

:ニキビや吹き出物の改善、フケや抜け毛の予防に。

「ローズマリー」の詳細ページへ

Lemon

フレッシュさあふれるレモンそのままの香り♪

:頭をリフレッシュして、すっきりしたいたいときに。

:むくみの改善や、室内の空気の浄化に。

:荒れた唇、脂性肌、脂っぽい頭皮、爪のケアに。

「レモン」の詳細ページへ

「昼用」の使い方

ローズマリーとレモンは、リフレッシュ効果のある神経活性系のアロマオイルです。

集中力や記憶力のアップに効果的なので、「昼用」として昼間に使用します。

「ローズマリー2滴 + レモン1滴」でブレンドさせると、最も効果を発揮するとのことです。

「昼用」は、アロマペンダントにアロマオイルを染み込ませて、首からかけて使用します。

出来れば、午前中に2時間以上香りをかぐと効果的だそうです。

夜用として使用するアロマオイル

Lavender

爽快感あふれる香りで、ダイエットをサポート♪

:明るく前向きな気持ちになりたいときに。

:二日酔いや消化不良などに。

:にきび、吹き出物、体臭予防に。

「グレープフルーツ」の詳細ページへ

Orange

果実そのままのスウィートな香り♪

:気分を明るくしたい、また、ぐっすり眠りたいときに。

:下痢や便秘、食欲がないときに。

:肌を整えたいときに。(老廃物を排出)。

「オレンジ」の詳細ページへ

「夜用」の使い方

ラベンダーとオレンジは、リラックス効果のある神経鎮静系のアロマオイルです。

深くリラックスさせて、安眠したいときなどに効果的なので、「夜用」として就寝前に使用します。

「ラベンダー2滴 + オレンジ1滴」でブレンドさせると、最も効果を発揮するとのことです。

就寝する1時間前から、2時間以上に渡って芳香浴をすると効果的とのこと。

ディフューザーを使用すれば、芳香成分を部屋中に拡散できるので、一番良いかと思います。

Top