更年期障害に効果が期待できるアロマオイル

Home/Aroma List/更年期障害に効果が期待できるアロマオイル

Lavender

さわやかでフローラルな香り♪

心:深いリラックスや安眠したいときに。

体:頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの痛み、免疫力強化に。

肌:火傷の手当、ニキビや傷の回復、スキンケア、ヘアケアに。

「ラベンダー」の詳細ページへ

Geranium

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香り。

心:情緒不安定、更年期障害などに。

体:むくみや肥満の解消、生理痛、PMS、更年期障害などに。

肌:しわやシミの改善、肌の若返りなどスキンケアに。

「ゼラニウム」の詳細ページへ

Grapefruit

爽快感あふれる香りで、ダイエットをサポート♪

心:明るく前向きな気持ちになりたいときに。

体:二日酔いや消化不良などに。

肌:にきび、吹き出物、体臭予防に。

「グレープフルーツ」の詳細ページへ

Roman Chamomile

青リンゴのような甘い香りで、心をリラックス♪

心:精神的なダメージがあるときに

体:頭痛、腹痛、歯痛など、様々な痛みに。

肌:じんましんやアトピーなどアレルギー性のトラブルに。

「ローマンカモミール」の詳細ページへ

YIrang yIrang

甘くて濃厚な色っぽい香り♪

心:不安、緊張、ストレスから解放されたいときに。

体:女性の生理痛、男性のインポテンツ等の性的な障害に。

肌:乾燥肌、脂性肌、育毛や頭皮の改善に。

「イランイラン」の詳細ページへ

Clary Sage

ナッツのような甘さを感じる深みのある香り♪

心:不安、緊張、恐怖など、精神的なトラブルに。

体:肩こり、筋肉痛、頭痛、整理痛、更年期障害に。

肌:ふけや脂っぽい頭皮の改善に。

「クラリセージ」の詳細ページへ

Cypress

お部屋にデュヒューズしたり、身体のきになる部分に直接ぬることができます。
お風呂に1滴たらして、アロマバスにしてゆっくり入るのもよいでしょう。

「サイプレス」の詳細ページへ

個人差はありますが、45~55歳頃の閉経の前後10年間に女性ホルモンが減少し、心身に様々な症状が現れることを更年期障害といいます。

症状の出方も個人差があり、のぼせや動悸、めまい、うつ状態、情緒不安定などがあります。

更年期障害の緩和にアロマオイルを選ぶ際は、女性ホルモンに似た働きをする精油や、ホルモンバランス調整作用がある精油、ストレスなどを緩和する精油を選びましょう。

Top