妊活に効果が期待できるアロマオイル

Home/Aroma List/妊活に効果が期待できるアロマオイル

Geranium

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香り。

心:情緒不安定、更年期障害などに。

体:むくみや肥満の解消、生理痛、PMS、更年期障害などに。

肌:しわやシミの改善、肌の若返りなどスキンケアに。

「ゼラニウム」の詳細ページへ

YIrang yIrang

甘くて濃厚な色っぽい香り♪

心:不安、緊張、ストレスから解放されたいときに。

体:女性の生理痛、男性のインポテンツ等の性的な障害に。

肌:乾燥肌、脂性肌、育毛や頭皮の改善に。

「イランイラン」の詳細ページへ

Clary Sage

ナッツのような甘さを感じる深みのある香り♪

心:不安、緊張、恐怖など、精神的なトラブルに。

体:肩こり、筋肉痛、頭痛、整理痛、更年期障害に。

肌:ふけや脂っぽい頭皮の改善に。

「クラリセージ」の詳細ページへ

Cypress

お部屋にデュヒューズしたり、身体のきになる部分に直接ぬることができます。
お風呂に1滴たらして、アロマバスにしてゆっくり入るのもよいでしょう。

「サイプレス」の詳細ページへ

Frankincense

かすかにレモンの香りがある澄んだ香り♪

心:心と呼吸を落ち着かせたいときに。

体:気管支炎や喘息の改善に。

肌:シワやたるみ、乾燥肌、老化肌、あかぎれの改善に。

「フランキンセンス」の詳細ページへ

近年の研究により、精油は妊活に有効とのことが分かってきており、産婦人科や不妊専門クリニックでも積極的に取り入れられるようになってきました。

妊活の為に精油を選ぶ際は、ホルモンバランスを調整する作用のある精油を選ぶと、効果が期待できます。

これらの精油で、まずは自宅で簡単にできる「芳香欲」から始めてみるのも良いでしょう。

女性ホルモンは、脳からの指令を受けて分泌されます。そして、排卵をさせたり、子宮内膜を増殖させたり、月経を起こさせたりしています。

芳香欲により、香りが脳に伝わり、脳から心身に働きかけ、ホルモンバランスの調整に役立ちます。

ただ、妊活に有効だからといって、自分が好まない香りだと、アロマテラピーのの本当の力を発揮しているとは言えません。

自分自身が心地よいと思える精油を選び、心身ともに良い影響を与えることも大切です。

Top