喘息の予防に効果が期待できるアロマオイル

Home/Aroma List/喘息の予防に効果が期待できるアロマオイル

Cypress

お部屋にデュヒューズしたり、身体のきになる部分に直接ぬることができます。
お風呂に1滴たらして、アロマバスにしてゆっくり入るのもよいでしょう。

「サイプレス」の詳細ページへ

Rosemary

清涼感があるフレッシュな香り♪

心:気持ちをリフレッシュして、集中力や記憶力のアップに。

体:呼吸器系の不調や、筋肉疲労、リマウチ、冷え性などに。

肌:ニキビや吹き出物の改善、フケや抜け毛の予防に。

「ローズマリー」の詳細ページへ

Frankincense

かすかにレモンの香りがある澄んだ香り♪

心:心と呼吸を落ち着かせたいときに。

体:気管支炎や喘息の改善に。

肌:シワやたるみ、乾燥肌、老化肌、あかぎれの改善に。

「フランキンセンス」の詳細ページへ

Easy Air

咳のひどいときや呼吸が苦しいときに首下に塗る。一滴付けたマスクをするのも良い。

その心地よい香りが神経を落ち着けることから、就寝時にディフューズすることによりぐっすりとお休みいただけます。

「イージーエア」の詳細ページへ

息子の喘息。今回の症状も、咳と熱、そして胸がゼーゼー。

今回は完全にハワイ島のLavaのVogだな~

高熱は出なかったけど、熱が出そうな感じだったので、まずは強力な抗菌作用、抗ウイルス作用のあるオレガノとオンガードを。

そして免疫系、呼吸器系にも働くレモンを1滴ずつ混ぜて、足の裏に塗りました。

オレガノは特に刺激が強いので、必ずフラクショネイティドココナッツオイルで希釈して使うのです。

刺激が強いので、足裏に塗ります。

オレガノは原液では絶対ダメなので、希釈は精油の合計1に対してキャリアオイル5ぐらいにしました。

オレガノ、オンガードは刺激が非常に強いので、(しつこい!?)このようなオイルは体の広範囲には塗らないで、足裏に塗った方がよいです。

ハチミツもレモンの精油1滴を混ぜて大さじ1杯与えました。

そして胸と背中にはブリーズ。

これは広範囲に塗るので、ココナッツオイルで3倍ぐらいに希釈して塗りました。

これで気道を広げるサポートができます。

ブリーズを塗ると、息子も楽になったと言います。

その1時間後、ジンジャー、サイプレスを3倍の希釈にして胸と背中に塗り塗り。

両方、喘息を鎮める効果があります。

最後にフランキンセンスも上から重ね塗り。

フランキンセンスは原液でも大丈夫だけど、高価だし、希釈した方が広範囲に塗りやすく、揮発も防げてゆっくり浸透していくので2倍位に薄めました。

フランキンセンスは他の精油の効果を高めるし、喘息の咳を鎮めるのに効果的なんです。

次に、また1時間位してユーカリラディアタを希釈して胸と背中へ。

ユーカリラディアタは1.8シネオールを70%ほど含むので、気管支粘膜の炎症を抑えて、痰や粘液を減らし、咳も抑えます。

そしてまた1時間ほどして足裏に、バジルを希釈して塗りました。

バジルも横隔膜の痙攣による咳を鎮める効果があります。

これを1時間ごとに繰り返します。

乳製品、冷たい飲み物は喘息を悪化させるので、ハーブティーを与えます。

今回は免疫力を強化するエキナセアのティーにハチミツを入れて飲ませました。

夜にはブリースをディフューズしました。

すると、見事、咳は出ずに一晩中眠れました。

少し汗ばんだあと、熱っぽかったのも下がってきました。

オレガノとオンガードを塗った後、じわじわと額に汗をかきはじめ、発熱で体が戦っているんだわ~というのがわかるし、その後はぐっすり寝られたので一安心でした。

そう、アロマは体が病原菌と戦うチカラを強めてくれるから。

すごいアロマ攻撃の嵐でしたが、こんなに使えるのは一番安心なドテラの精油だからだし、たまになので大丈夫。

精油は体内で代謝されて、最終的にはすべて排出されます。

お薬を使うのと比べると、比じゃないぐらい、体に負担がかかりませんからね。

体に必要な善玉菌も殺さないし。

これって大きな違いです。

なぜなら抗生物質を使っちゃうと、すぐに治るかもしれないけど、病気と闘うのに必要な常在菌まで殺しちゃう可能性が高いので、本来の健康な体に回復するのにものすごく時間がかかってしまうのです。

だから、こんなときこそ、メディカルアロマの出番なのです。

ドテラのオイルだからできちゃう使い方なので、本当に助かります。

Top