Project Description

クラリセージ

BOOK THIS TREATMENT

クラリセージ

BOOK THIS TREATMENT

Salvia sclarea

中世から古用いられてきたクラリセージは、リラックス感を与え、心のバランスを整えてくれます。

成長すると2m近くにもなる二年草(または多年草)のクラリセージ。主な化学成分はエステル類の酢酸リナリルで、心を落ち着け整えてくれるエッセンシャルオイルの1つです。中世の時代から心身のケアによく用いられ、リラックスを促すおだやかな香りにより、心地よい眠りに誘います。

使用方法

  • ローマンカモミールとブレンドし、お風呂で香りをくゆらせてリラックスに。

  • ディフューズしたり、おやすみの際、枕につけて心地よい眠りを。

  • 肉や魚料理のアクセントとして、ドレッシングにも1滴たらして。

クラリは、ラテン語のclarus「明晰な、明るい、清浄」という言葉が由来です。

目を洗浄する時に用いられていたのが、クラリセージの種子から取れる粘液でした。中世では「クリア アイ(clear eye)」と呼ばれました。

ワインの風味付けにも使用されてから、香水の原料としても幅広く利用されています。

クラリセージの効果・効能

温かみのあるハーブ調のクラリセージの香りは、心身をリラックスさせながらも感覚を研ぎ澄ませます。

女性のさまざまな不調を緩和する作用は、特徴成分であるスクラレオールがエストロゲン(卵胞ホルモン)と同じ働きをするからです。

心を強壮するとともにリラックスさせる効果があります。優柔不断や混乱、不安といった感情を和らげ、心を安定させ明晰さを回復してくれます。人生の目的にきちんと直面でき、インスピレーションが得られるようになります。

多岐にわたり、アロマセラピーでは重要な精油のひとつです。まず、特徴的なのは、女性特有の不調によく効くことです。月経痛やPMS、分娩時の痛みや不安の緩和にもいいと言われています。また、クラリセージは調整し、鎮痙し、鎮痛する作用があります。筋肉痛、痙攣、頭痛、偏頭痛といった症状に効果的です。呼吸器系にも働きかけます。去痰や抗感染、抗カタル作用に優れるので、咳やのどの感染症、気管支炎にいいです。

<禁忌>

妊産婦には使用しない。ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない。

月経過多、多量月経時は更に月経を促進する恐れがあるため、使用しない。

二日酔いのときに嗅ぐと更に気持ち悪くなるため、使用しない。

集中したいときは逆効果となるため使用しない。

多量に使用しないように注意する。

頭皮や肌にもとてもおすすめの精油です。皮膚の感染症を防いでくれます。余分な皮脂分泌を抑え、肌を引き締めてくれます。頭皮に使用すると、フケの防止や育毛促進、脱毛予防が期待できます。

製品番号:30420203

WA/WC 価格:5,500
  • 参考小売価格:8,250円(税込)
0%
SPECIAL OFFER

Take some time. Treat yourself. You deserve it.

Book a treatment this month and receive a 25% on all further treatments.

BOOK NOW